Janet Jacksonさっきパソコンのデータ整理をしてたんだけど、その時にある2曲の音源のタイトルを見て「あれ?これって…」と30秒くらい考えこむ俺。「あっ!これJanet Jacksonの未発表曲やん」「でもこれ、BLACK FLAVORで紹介…したかな?いや。してないやん!」てことで記事にしますね。

今日紹介するのは『Clap Your Hands』と『What Can I Say』の未発表曲2曲で、インターネット上に流れたのはたしか昨年の12月くらいだったはず。ということは俺は半年くらい記事にするのを忘れてたことになるのか。マジでボケすぎですね。ちと反省…。

2006年にもアルバム『Damita Jo』のためにレコーディングされたけど結局収録されなかった『Put It On Me』と『Pops Up』の2曲がインターネット上に流れ話題になりましたよね。当時このブログでも記事にました。この2曲はBeyonceやAmerie、Jennifer Lopez作品で名を上げたRich Harrisonがプロデュースを担当していたわけだけど、今日紹介する『Clap Your Hands』と『What Can I Say』もアルバム『Damita Jo』用だった曲でRich Harrisonプロデュースによるもの。Rich Harrisonボツ曲多すぎ(笑)

『Clap Your Hands』は序盤からRich色全開の軽快というかちょい騒がしめのアップ。駄作ではないと思うけど、トレンド・セッターであるJanetには後追い感アリアリでちょっと似合わないかも。もう一方の『What Can I Say』は重厚なストリングスで幕が開くミッドで、Janetの繊細な歌声(コーラス)がいい味出してる結構おもしろい1曲。この曲は『Damita Jo』に収録してもよかったんじゃと個人的には思いますね。

Janetといえば新しいレコード会社は見つかったんでしょうか。今はいろいろと大変な時期だと思うけど、これからもJanetらしい音楽を届けてほしいですね。

★自らのミドル・ネームをアルバム・タイトルに冠した力作 ♪ Janet Jackson『Damita Jo』
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS