ae4913e3

ここ一ヶ月くらい毎日にように見てる動画がある。それは何かというとJanet Jackson「Rock Witchu Tour」の映像です。前からYouTubeに観客が撮影した質の悪い動画がアップされてたのは知ってたんだけど、ああいう動画は映像ぶれまくりであまり見る気がしなくてパスしてたんですよ。でも一ヶ月くらい前からちゃんとしたカメラマンが撮影したLIVE映像がアップされていて、それを毎日のように見ちゃってます。多分DVD用にカメラマンを入れてたんでしょうね。そしてその映像がどこかの国で放映されたんだと思います。「Rock Witchu Tour」といえば途中でJanetの体調が悪くなって延期になったり、来日公演がキャンセルされたことでも話題になりましたよね。近いうちにDVD化されるだろうからそれを楽しみに待ってようと思ってたんだけど、Janetが所属レーベルであるIsland Def Jamを離脱しちゃって発売されるかどうかも危うい状況に。「Rock Witchu Tour」のLIVE DVDはこのままお蔵入りしてしまうのか…。

今回の「Rock Witchu Tour」だけど、マジで凄いことになってるんですよ。アラフォーだからって(現在43歳)ナメてちゃ痛い目をみますよ。これまでのツアー同様、歌って踊って、おまけに笑顔も満載で見応えありまくりの内容になってるんです。しかも参加してるメンツも最高で、Janetの親友でコレオグラファー兼バックダンサーのGil Duldulaoも出演&関与してる上に、Justin Timberlake作品にも関わる人気コレオグラファー兼バックダンサーのNick Bassも出演!これだけ凄いメンツが揃ってるのにお蔵入りの可能性が大だなんてまるで悪夢だ。でもまだ可能性が残ってないわけではないから期待は捨てません。とりあえずLIVE映像を見た俺の簡単なコメントを交えて紹介していきますね。

Rock Witchu Tour101. The Pleasure Principle
02. Control
03. What Have You Done for Me Lately
04. Feedback
05. You Want This
オープニングから惜しげもなく名曲を連発&踊りまくりな構成に、いきなりノックアウトを余儀なくされます。新曲もちゃんと挿入されていて、ヒット曲『Feedback』ではPVでおなじみのロボットっぽいダンスも登場して興奮MAX。黄色に近いクリーム色の全身タイツ系の衣装もサイバーな曲の雰囲気に合ってて◎ですね。(CHECK

Rock Witchu Tour206. Alright
07. Miss You Much
08. Evil Force (Video Interlude)


引き続き懐かしの名曲をパフォーマンス。2曲とも軽やかなダンスがいいですね。『Miss You Much』の後半で飛び出す椅子を使ったダンスもカッコいい。ボーダーのトップスやミニ・ハット&コルセット使いのマリン・ルックな衣装も爽やかで◎。(CHECK.1 CHECK.2

Rock Witchu Tour309. Never Letchu Go
10. Come Back To Me
11. Let's Wait Awhile
12. Again

赤のスパンコール・ドレスに着替えて挑む美バラード・ゾーン。過去の名曲バラードにNEWアルバムから『Never Letchu Go』をプラス。この配置は文句無しですね。(CHECK

Rock Witchu Tour413. Good Force (Video Interlude)
14. So Excited
15. So Much Betta
16. Nasty

Janet、バックダンサーともにカジュアルな装いに衣装チェンジし、再びダンス・チューンを連発。『So Excited』はFatman Scoopの煽りが挿入されたリミックス・バージョンで、Billboard Awards 06のオープニングで味わったあの興奮再びって感じでテンション上がりまくり。『So Much Betta』の振り付けはNick Bassが担当したみたいです。(CHECK

Rock Witchu Tour517. All Nite (Don't Stop)
18. Rock With U
19. Together Again


Janetはまだまだ踊り続けます。『Rock With U』はPVの振り付けが好きだったから、それをステージで再現してくれてめっちゃ嬉しかったですね。あと『Together Again』は振り付けが新しくなってる?これまでの民族的なダンスとはちょっと違ってる気が。(CHECK

Rock Witchu Tour620. Young Love
21. Say You Do
22. Don't Stand Another Chance


ここでは初期2枚のアルバムからの曲を披露。最近の曲に加え、昔の曲もこれだけたくさん披露してくれてたら会場にいるファンも大喜びでしょうね。(CHECK

Rock Witchu Tour723. Tribal Drums (Instrumental Interlude)
24. Doesn't Really Matter
25. Escapade
26. Love Will Never Do (Without You)
27. When I Think Of You
上半身にボディ・ペイントを施したNick Bassのドラム演奏ではじまるこのゾーンは、Janet、バックダンサーともに映画の中から飛び出た戦士のような衣装が印象的。一押しはやはり『Doesn't Really Matter』かな。でもやっぱ全員の衣装の方が注目かも(笑)(CHECK

Rock Witchu Tour828. All For You
29. Montage (Video Interlude)
30. Got 'Til It's Gone


お次はヒット曲2曲をぶっ放します。この2曲はもう説明不要ですね。『All For You』はJanetファンには悪夢以外の何物でもないSuper Bowl 2004で披露したバージョンと同じ振り付けで、『Got 'Til It's Gone』はスクリーンの映像にてQ-Tipが援護射撃。(CHECK

Rock Witchu Tour931. Call On Me
32. That's The Way Love Goes
33. I Get Lonely


ここもヒット・シングルばかりなのでライト・ファンでも楽しめるのではないでしょうか。『Call On Me』ではQ-Tip同様Nellyがスクリーンの映像にて客演。衣装はJanetが黒のスーツっぽい感じで、バックダンサーはカジュアルな服装にチェンジしています。(CHECK

Rock Witchu Tour1034. Evil Force
35. Funny How Time Flies (When You're Having Fun)
36. Any Time, Any Place
37. Band Breakdown (Instrumental Interlude)

またまたモノトーンの綺麗め戦士風ファッションに衣装チェンジし、セクシーかつしっとり歌い上げるゾーン。『Any Time, Any Place』の鏡を使った見せ方がいいですね。(CHECK

Rock Witchu Tour1138. Black Cat
39. If



Janet、バックダンサーともにモードな衣装に身を包み挑むロッキッシュ・ゾーン。『Black Cat』もハードなJanetが味わえていいけど、俺の一押しは『If』。俺…『If』の振り付け大好きなんですよ。前回のAll For You Tourの時の『If』は若干物足りない感があったけど今回のは文句無し。アラフォーでこのパフォーマンス…凄すぎる。(CHECK

Rock Witchu Tour1240. Rhythm Nation
41. Good versus Evil: Battle for Janet (Video Interlude)
42. Luv
43. Runaway

いよいよラスト。Super Bowl 2004でも披露した『Rhythm Nation』はいつ観てもカッコいいなぁ。『Luv』からは白の軽い感じの衣装にチェンジ。そしてライブはフィナーレへ…。(CHECK

これだけ素晴らしいパフォーマンスを披露できるとは、Janetまだまだ健在ですね。この映像マジでDVD化してほしいなぁ。次の所属レーベルが見つかったら、そこから発売しれくれるんだろうか。可能性は…やっぱ低いのかな。1万円でも2万円でもいいからDVD化してほしい。

★必見LIVE DVD ♪ Janet Jackson『All For You Live〜JANET LIVE IN HAWAII』
★必見LIVE DVDその2 ♪ Janet Jackson『The Velvet Rope Tour Live』
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS