19bed8ee

『Hip Hop Hooray』などで知られるベテランRAPグループ、Naughty By Natureの6thアルバム『IIcons』についてレビュー。Naughty By NatureはTreach、Vin RockのMC2人と、DJ兼プロデューサーのKay Geeの3人からなるグループなんだけど、本作がリリースされた時は金銭の問題でKay Geeが離脱していました。てことで本作はKay Gee抜きの1枚になっています。

Naughty By Natureとえばポップな曲のイメージが強いと思うんだけど、本作にもポップなキラー・チューンがちゃんと装備されていて、シングルだった『Feels Good (Don't Worry Bout A Thing)』がまさにそれ。Allstarがプロデュースしたこの曲はガールズ・グループ3LWをフィーチャー。爽やかでもありキュートでもありポップでもある…一言でいうとギャル受けバッチリといったとこでしょうか。

この曲でハートを鷲掴みにされた人は、P!nkが客演した『What You Wanna Do』も要チェック。鬼キャッチーとまではいかないけど、じわじわ癖になる魅力を持ってるんで2、3回繰り返し聴いてみて下さい。

上記2曲以外では、人気濃厚コンビMethod Man & Redmanが暴れ倒す『Rock & Roll』、爽やか&スムージーな曲を得意とするAllstarがまたまた好曲を提供した『Swing Swang』、Carl Thomasの渋く味のある歌声が伸び伸びと響きわたる歌モノ『Naughty By Nature』、アゲアゲ番長Lil Jonとフィーメール・ラッパーChyna Whyteが好演する『Wild Muthaf***as』あたりも本作の肝となる曲ではないかと。

その他の曲を簡単に紹介していくと、"Eminem & Dr. Dre"を連想させるような感じで割かしハードに攻めるオープニング曲『IIcons』、Rottin Razkalsをフィーチャーしたループ感の強い1曲『Rah Rah』、スクラッチが小気味よく炸裂する『Let Me Find Out』、Road Dawgs、Rottin Razkals客演の『N.J. To L.A.』、HIP HOP界の和田アキコことQueen Latifahが好演するAllstarプロデュース曲『Red Light』、スクラッチや爆発音などの効果音が効いた『Ashes To Ashes』(Icarus、Bumpy Knuckles客演)、微妙にラテンの香りが漂う『What U Don't Know』、そして〆に相応しい夜系『Family Tree』と、HIP HOP界、R&B界問わず多くのゲストを招いた佳作になっています。

前半で紹介した曲たち以外はちょっとインパクトに欠けるような曲が多い気がするけど、3LWやP!nk参加曲、Allstar提供の『Swing Swang』などは聴く価値ありだと思うんで、気になる人はチェックしてみて下さい。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS