2d4e35ab

前々作『The Emancipation Of Mimi』で不死鳥…ではなく、MIMIちゃん風にいうと不死蝶の如く復活を遂げたMariah Careyの10thアルバム『Memoirs Of An Imperfect Angel』(初回生産限定盤〜デラックス・エディション〜)についてレビュー。前作から約1年ちょいでNEWアルバムが到着ですか。結構なハイペースでのリリースになりますね。

早速内容を見ていくと、楽曲の多くはというかほぼ全曲にC. "Tricky" Stewart & The Dreamが関わっていて軽くビックリ。いくらこのコンビが旬で売れに売れてるとはいえMIMIちゃんあざとい…元い。勝負に出ましたねぇ。この起用が吉と出るか凶と出るか。

先行シングルは『Obsessed』と『I Wanna Know What Love Is』でしたね。『Obsessed』は宿敵Eminemへの反撃が垣間見れるリリックとPVが話題を呼んだキャッチーなミッドで、『I Want To Know What Love Is』はアメリカのROCKバンドForeignerの名曲をカバーしたバラード。今ドキ曲と王道バラードでバランスよく攻めるあたりは抜かりないですね。

このシングル2曲も素晴らしい出来だけど、Cyndi Lauperのヒット曲"Time After Time"ネタの切ないミッド『Inseparable』や、The Notorious B.I.G"One More Chance/Stay With Me (Remix)"ネタのキュート&バウンシーな『More Than Just Friends』の2曲は、元ネタが好物ってのもあって聴いた瞬間惚れました。ネタ使いといえばBarry Whiteが手掛けたガールズ・トリオLove Unlimited"I Belong To You"ネタの『It's A Wrap』と、ボコーダー&Jodeci"Forever My Lady"を使った『The Impossible』もツボにクリティカル・ヒット。どれも元ネタを嫌味のない程度に使ってるのが好感度大ですね。ネタ云々関係なく『The Impossible』は90年代ぽく響くボコーダーが最高で昇天しそうでした。

これら以外も好感触な曲多数で、MIMIちゃんの日記的本作の1曲目に相応しい「私の人生の1日へようこそ〜」なリリックで始まる『Betcha Gon' Know (The Prologue)』、MIMIちゃんのフェイバリット・アーティストでもあるMinnie Riperton似の超絶高音ヴォイスが味わえる美スロウジャム『H.A.T.U.』、The-Dreamの相棒Los Da Nystroも関与した甘く切ないしっとり系ナンバー『Candy Bling』、スクリュー加工を施した汗臭い雄声がアクセントになった『Ribbon』、「これもEminemへの逆襲曲?」と勘ぐってしまうほど嫌味たっぷりなリリックに苦笑いな『Standing O』、MIMIちゃんの高速歌唱とホーンなどの生楽器の音がいい感じに絡まる『Up Out My Face』、壮美なバラード『Angels Cry』、そしてラスト4曲はシングル『Obsessed』のクラブ・リミックスが収録されています。

C. "Tricky" Stewart & The Dreamとがっつりタッグを組んで挑んだ本作。全体的に良く出来た素晴らしい内容になってると思うけど、他の制作陣が手掛けた曲が2、3曲あっても良かったかもしれませんね。このTricky & The-DreamといえばChristina MilianとCiaraの新作でもがっつり関与することが発表されてますね。そちらもどういう内容になってるのか楽しみです。ちなみに本作は直輸入エルUS版特製ブックレットが付属しています。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ