Anthony_Hamilton_-_Soulife_album_cover

味のあるエモーショナルな歌声をもつ才能あふれる男性アーティストAnthony Hamiltonの未発表曲を収録したアルバム『Soulife』についてレビュー。『Comin' From Where I'm From』、『Ain't Nobody Worryin'』など素晴らしい作品を発表してるAnthonyですが、皆さんご存知のとおり彼はかなりの苦労人で、本作は1999年から2001年の間にレコーディングされるも日の目を見ることのなかった音源を集めた1枚になります。

一聴した段階で昇天というか、最高すぎて悶絶してしまったのが9曲目『Last Night』。この曲はSunshine AndersonとDolo Pichinoの2人をフィーチャーした曲で、Sunshine Andersonのアルバムに収録済みだったりもすんだけど、何度聴いてもいいです。極上のしっとり感に耐え切れず失禁&脱糞を余儀なくされてしまいます。ちなみにプロデュースは安定感抜群のMike Cityが担当しています。

客演を招いた曲つながりでいくと、甘しゃがれた歌声をもつ女性シンガーMacy Grayをフィーチャーした『Love And War』なんて曲もあったり。Anthony、Macy…どちらも味のある歌声を持ってますよね。この両者が絡まって悪い曲ができるはずがない。歌が最高なのは言うまでもないと思うけど、曲もフックに突入するやいなやロマンティックな世界が広がる展開がニクい。あと『Day Dreamin'』も極上ソウル曲って感じでいいですね。メロディアスで耳なじみのいいフックと、時折みせる甘渋いファルセットが心の琴線に触れ、聴く者を別世界へといざなってくれます。

これら以外でも、深みのある歌声や包容力のあるコーラスに心奪われる古典的な味わいをもつバラード『I Cry』も素晴らしいし、テンポよく刻まれるリズムに自然と身を委ねてしまうミディアム・アップ『Love Is So Complicated』や、サザン・ソウルの心を持つ彼ならではのファンキーなグルーヴ&リズムが心地いい『Ol'Keeper』あたりも秀逸。

ソウルフルな歌と生楽器がこの上ない塩梅で絡む『I Used To Love Someone』、『Clearly』、『Georgie Pakker』、『Ball And Chain』なども「これだよこれ」って感じで繰り返し聴きたくなるし、甘しゃがれたファルセットを多用した幻想的なんだけどどこかザラついた『Icing On The Cake』、妖しいファルセットで歌い上げる『Exclusively』も…。って、結局いい曲たっぷりのアルバムってことですね(笑)「発売してくれてありがとう」と感謝したくなるような美味アルバムに仕上がっています。

こんな素晴らしい楽曲の数々が長い間日の目を見なかったなんて信じられませんね。落ち着いた曲がほとんどですが、どれも珠玉の曲ばかりなので未聴の人はぜひ。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS