映画「2012」先ほどの日記で大晦日は県外へ旅行に行ってたと書きましたが、その旅行先で映画「2012」を観ました。「「アバター」は観た友達が微妙って言ってたからやめよう」など、行きの車の中で友達と観る映画を決めてて、「THE 4TH KIND フォース・カインド」と「2012」の2本に絞り、最終的に映画館ならではの臨場感が楽しめそうな「2012」を観ることにしました。

【解説】マヤ暦による2012年終末説を題材に、「インデペンデンス・デイ」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービーで、地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く…。偶然にも地球の危機を知ってしまう主人公(リムジン運転手)にジョン・キューザックが扮し、大事な家族を守るために奔走する。大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。共演はアマンダ・ピートなど。

【ストーリー】2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始め…。

【感想】※軽くネタバレが含まれてると思うので観てない人は要注意。「インデペンデンス・デイ」、「デイ・アフター・トゥモロー」、「紀元前1万年」など、スケールの大きな映画を製作することで有名なローランド・エメリッヒ監督ということで、地球が崩壊していく映像は見応えありました。でもストーリーに関してはちょっと引っ掛かるものがあったかな。全員が助かるのは無理ってのはわかるけど、最終的に生き残るのが金持ちか権力がある者だけってのが生々しくて微妙な心境に…。誰が生き残って誰が死ぬのかも中盤あたりでだいたい見当つきましたしね。あと、ストーリーの運び方に問題があるのか、思ったほど緊迫感というか緊張感が感じられなかったのも残念な点かな。ある程度の緊迫感・緊張感はあるんだけど、ハラハラ・ドキドキってほどではないみたいな。とまあいろいろ書いたけど、普通にはおもしろかったですよ。破壊映像の他にも、命の危機にさらされた時に出る人間の本音がリアルに描かれてるとことか良かったし、箱舟が中国製ってのも現実感あって◎でした。観る価値はあると思います。

2012 スタンダード版 [DVD]
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS