b59c29df

「アイ・アム・レジェンド」や「ハンコック」など、映画俳優として大活躍しているWill Smithの4thアルバム『Lost And Found』についてレビュー。ここ数年の映画俳優としての快進撃をみてると、彼がThe Fresh Princeだったことを忘れてしまいそうですね。DJ Jazzy Jeff & The Fresh Princeとして以外にも4枚のソロ・アルバムをリリースしてる彼の本作。

俺の記憶が確かならば1stシングルはKwameプロデュースの『Switch』だったはず。Rihanna『Pon De Replay』似のビートが小気味よいダンスチューンで、Billboard Hot 100で7位とヒットを記録。15曲目には『Switch ...R&B Remix』と題されたリミックスも収録されていて、こちらはRobin Thickeの甘いヴォーカルがフィーチャーされたドリーミー&スムージーなアレンジが施されています。これ、原曲と全く違う仕上がりになってるので、『Switch』のリミックスだと言われなかったら気付かないかも。

2ndシングルは『Party Starter』でしたね。こちらはPolow Da Donプロデュースによるもので、例えるならTimbalandが一時量産してた荒野を連想させるような攻め曲になっています。

シングル以外でいいのは、スパイダーマンのテーマを使用したキャッチーなオープニング・ナンバー『Here He Comes』、地を這うようなビートが◎なロッキッシュ・チューン『Mr. Niceguy』、スクラッチが炸裂しまくるオールド・スクール調の『Pump Ya Brakes』(Snoop Dogg客演)、ギター演奏でRaphael Saadiqが参加した溜めの効いたミッド『Could U Love Me』など。キャッチーさと雄度の塩梅が絶妙とでもいいましょうか、どの曲もキャッチーなんだけど雄の要素が残されてるというか、ちゃんと感じられるのがいいんですよね。

これら以外も、スクラッチとストリングスが交錯しスリリングな世界を作り出す『Lost & Found』、おなじくストリングスが怪しい雰囲気を醸し出す『I Wish I Made That / Swagga』、客演にMary J. Bligeを迎えた歌モノ『Tell Me Why』、The Pussycat Dollsのリード・ボーカルNicole Scherzingerがフックを歌う『If U Can't Dance (Slide)』、思わず口ずさみたくなるようなキャッチーなフックがいいロッキッシュ・ナンバー『Wave Em Off』、そしてKanye West『Jesus Walks』系のイントロが存在感アリアリな『Scary Story』など、ラッパーWill Smithの存在感をまざまざと見せ付けた1枚に仕上がっています。

1stアルバムや2ndアルバムもキャッチーな曲が多数収録された好盤ではあったけど、そのキャッチーさが鼻につくという人もいたと思うんですよ。でも本作はそう思った人も楽しめる内容になってるのではないかと思います。全体的にTimbalandっぽい曲が多かったりするので、Timbaland好きな人もチェックしてみてはいかがでしょうか。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS