3c4c17ca

9発もの弾丸を受け生死の境をさまよいながらも死の淵から見事はい上がってきたクイーンズ出身のラッパー50 Centのデビュー・アルバム『Get Rich Or Die Tryin'』についてレビュー。50 Centを初めて知ったのはColumbiaに所属していた頃にリリースしていた『Power Of The Dollar』で。Destiney's Childが参加していた曲『Thug Love』が気になって購入したのを覚えています。曲はなかなかよかったけど、どこかパッとしないオーラをまとっていたあの彼が、こんなBIGになって帰ってくるとは思いもしませんでしたね。

さて2003年にリリースされた本作の内容を見てみると俺好みの曲がゴロゴロ。まずはなんといってもこの曲でしょう。あの大物女性シンガーMary J. BligeやBeyonceまでもがそのトラックでお遊びしちゃった、言わずと知れた特大ヒット曲『In Da Club』。Dr. Dreのヌキの魅力が炸裂した病み付き度100%のクラブバンガーで、今でもふと聴きたくなる大・大・大好きな曲です。どこ行っても「もういいよ…」ってなくらいかかりまくってましたよね。Dr. Dreの手掛けたトラックもヤバいけど、50 Centの気が抜けたような独特のラップもいいです。

師匠Dr. Dreは、銃声が響き渡るスリリングな『Heat』、終始鳴り続けるピアノっぽい音がクセになる『If I Can't』、"バックダウンッ!!"と叫ぶフックが◎な『Back Down』と、多くの楽曲のプロデュースを担当しバックアップ。さすがの相性で非の打ち所が無いですね。

Dr. Dre曲以外で好きなのは、"ヴォイス・オブ・Gファンク"ことNate Doggがレイドバックした歌声で主役50 Centを食っちゃってる卒倒必至の歌モノ『21 Questions』、50 Cent自らフックで歌ってしまう『Many Men (Wish Death)』、こちらもアジアン調のトラックをバックに下手ウマな歌を披露する『P.I.M.P.』、そしてサントラ『8 Mile』にも収録されていた『Wanksta』あたり。特に『21 Questions』は極上すぎてヤバいですね。『In Da Club』に負けないくらい好きかも。

他も好曲多数で、タイトルから察しがつくとおりギャング色が濃く出た『What Up Gangsta』、Eminemプロデュース&客演の彼らしいスリリングな1曲『Patiently Waiting』、おなじくEminemが関与した『High All The Time』、G-Unitの一員(当時)Young Buckをフィーチャーした『Blood Hound』、RockwilderプロデュースYony Yayo客演の『Like My Style』、Eminemらしい緊迫感のあるダークな世界が広がる『Don't Push Me』(Eminem、Lloyd Banks客演)、琴のような音がアクセントになった『U Not Like Me』など、ハードコアなキャラにピッタリ合った楽曲がひしめく力作に仕上がっています。

ちょっとインパクト弱めのフロウやお高くとまった勘違い発言などで好き嫌いが分かれることろかもしれないけど、それを補うには十分すぎるくらいの衝撃がこのアルバムにはあると思います。どの曲もハードなんだけどフックはキャッチーで聴きやすいってのがいいですね。久しぶりに聴いたけど今でも十分堪能できました。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS