651eae1e

メロウ&メロディアスな曲からアンダーグラウンドHIP HOPまでやってのけるシカゴ出身の人気ラッパーCommonの3rdアルバム『One Day It'll All Make Sense』についてレビュー。本作はデビュー時から在籍していたRelativity Recordsからの最後のアルバムで、1997年にリリースされた1枚。前作にあたる2ndアルバム『Resurrection』が傑作と絶賛されたあとということでプレッシャーもあったと思うけど…素晴らしい内容になってます。

本作からは3枚のシングルがカットされたと思うんだけど、そのどれもが特筆すべき出来なんですよね。人気グループFugeesの紅一点Lauryn Hillをフィーチャーした『Retrospect For Life』は中絶について歌ったナンバー。Donny Hathaway"A Song For You"使いのイントロからして最高な上、Laurynが歌うStevie Wonder"Never Dreamed You'd Leave In Summer"ネタのフックも最高!ソウルフルな極上曲になってるのでR&Bファンも必聴ですね。

Chantay Savageをフィーチャーした2ndシングル『Reminding Me (Of Sef)』は、Lowrell"Mellow Mellow Right On"使いのトラックにPatrice Rushen"Remind Me"も飛び出しちゃうという悶絶必至のメロウ曲。このネタ使いは反則ですね。否が応でも昇天しちゃいます。

元カノErykah Badu客演の3rdシングル『All Night Long』は、The Rootsプロデュースということで生楽器の演奏が鬼心地いいナンバーに仕上がっていてリラックス度100%。嘘とか大袈裟ではなく、このシングル3曲はほんと素晴らしいですね。今聴いても全然イケます。

では他の曲はどうなのか。勿論いい曲ありますよ。一番のお気に入りはNo I.D.プロデュースCee-Lo客演の『G.O.D. (Gaining One's Definition)』。トラックもCommonのラップも文句なしなんだけど、ゲストのCee-Loがめっちゃいい味出してるんですよね〜。心にじんわり染みる感じで何度もおかわりしちゃいたくなります。

これら以外もNo I.D.がプロデュースした好曲などが並んでいて、スクラッチが小気味よく炸裂する『Invocation』、『Food For Funk』、『1'2 Many...』、De La Soulをフィーチャーした『Gettin' Down At The Amphitheater』、ジャジーな雰囲気に包まれる『My City』、『Pop's Rap Part 2 / Fatherhood』地味にドラマティックなトラックが◎な『Hungry』、厳かな雰囲気が漂う『Stolen Moments Pt. 2』(Black Thought客演)、Pt. 2同様Q-Tipが参戦したPt. 3も侮れない『Stolen Moments Pt. 3』など、味わい深いHIP HOP曲や歌モノが光り輝く傑作になっています。

4thアルバム以降はJay DeeやKanye Westらと組むようになり、それはそれで素晴らしいケミストリーを生み出してるけど、No I.D.らとタッグを組んでいた初期作品も舌を巻くほど素晴らしいですね。ゲストも豪華でいいし、聴けば聴くほど味が出る。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS