e8a49691

アメリカで大人気のテレビ番組「アメリカン・アイドル」出身で、驚異的歌唱力と最強の高音ファルセットをあわせ持つスーパー・ヴォーカリストAdam Lambertのデビュー・アルバム『For Your Entertainment』について。彼はアメアイのシーズン8の優勝者…ではなく惜しくも2位だったわけだけど、今となってみると「1位って誰だっけ?」てなくらいAdamの存在感が強いですよね。

本作からの記念すべき?1stシングルはアルバムのタイトルにもなってる『For Your Entertainment』でしたね。プロデュースはKaty PerryやBritney Spearsらも手掛けるDr. Lukeなんだけど、Britney『Womanizer』をややロッキッシュにしたような曲でなかなかキャッチー。ギラギラした感じも彼のキャラに合ってて◎でしたよね。

続く2ndシングルはP!nkとMax Martinが共作した『Whataya Want from Me』で、こちらは1stシングルで見せたギラギラ系ダンスチューンとは打って変わって生楽器音を前面に押し出したロック・ミッド。で3rdシングル『If I Had You』は再びギラギラ系エレクトロ・ダンスチューンと、ロックもダンスもいけるAdamならではのシングル選考がなされてます。

ということでアルバムもロック、ダンス、ポップスと多種多様な楽曲が収録されていて、どこか80年代風の雰囲気が漂うアップテンポ・ナンバー『Music Again』、ロックとダンスがいい塩梅でミックスされた感じの『Strut』、ストリングスを取り入れた切なくも美しいロック・バラード『Soaked』、挑発的なリリックとパワフルなサウンド、そしてAdamの超絶ヴォーカルが好相性で絡み合う『Sure Fire Winners』、Linda Perry姐さんの手腕が光るファルセット・バラード『A Loaded Smile』、WeezerのRivers Cuomoが名を連ねたダンサブルなロック・チューン『Pick U Up』、売れっ子Lady Gagaがソングライトで参加した"Gaga様仕様"のエレクトロ・アップ『Fever』、「Timbalandっぽいな〜」と思ったらTimbalandとゆかりのあるOneRepublicのRyan Tedder作だったというオチの『Sleepwalker』、Adamの持ち味である圧倒的な高音にノックアウトを余儀なくされる『Aftermath』、幻想的な雰囲気に包まれる『Broken Open』、そして映画「2012」の主題歌に起用されたバラード『Time For Miracles』と、いろんなタイプの楽曲が収録されていてます。

でここからはボーナストラックについて。俺は4曲のボートラが収録された国内盤を購入したんだけど、購入する際に同じくボートラ4曲を収録したEU盤と迷ったんですよ。なぜかというと国内盤とEU盤では1曲だけ収録曲に違いがありまして…。国内盤には『No Boundaries』が、EU盤には『Can't Let You Go』が収録ってことで、2曲をよーく吟味した結果、「『No Boundaries』の方が好きかな」となり国内盤を選びました。

ギラギラした妖しいルックスやパフォーマンスに話題が集まりがちだけど、彼の歌唱力は間違いなく本物ですね。"神の声域"と絶賛されるのも納得です。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS