インビクタス/負けざる者たち巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワールドカップを巡る感動の実話を映画化したヒューマン・ドラマ「インビクタス/負けざる者たち」。アパルトヘイト撤廃後も人種間対立が残る中、国民が一つにまとまる大きな転機となった自国開催のラグビーW杯での奇跡の初優勝までの道のりを、ネルソン・マンデラ大統領と代表チーム・キャプテンを務めたフランソワ・ピナール選手との間に芽生える絆を軸に描き出す。主演はモーガン・フリーマンとマット・デイモン。この解説で察しがつくとおりいい映画でした。W杯を勝ち進んでいく様、そして手に汗握る決勝戦。結果はわかってるんだけどハラハラ・ドキドキしたし、勝利した時は胸がアツくなりました。でもなんか物足りない。すごくいい映画なんだけど、登場人物の心理描写が足りないせいか深みが感じられないんだよなぁ…。正直「グラン・トリノ」、「チェンジリング」、「ミリオンダラー・ベイビー」、「ミスティック・リバー」などと比べると一歩及ばずな印象を受けました。
インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

噂のモーガン夫妻ヒュー・グラントとサラ・ジェシカ・パーカーの共演で贈るロマンティック・コメディ「噂のモーガン夫妻」。夫の浮気で離婚の危機を迎えるさなか、ある事件に遭遇したことで身分を隠しながら田舎町での生活を強いられるハメになった超セレブカップルの顛末を描く…。監督は「ラブソングができるまで」のマーク・ローレンス。これはよくも悪くも想像どおりのラブコメでしたね。重い映画を見たあとに「軽いノリで見れる映画が見たいな〜」なんて時に持ってこいな映画といったらいいかな。まあそんな感じです(笑)今回サラ・ジェシカが演じてるのはメリルは、「幸せのポートレート」で演じてた"なんかズレてる"都会のキャリア・ウーマン役と似てますよね。ああいう女性は映画で見る分にはいいけど、実際にいたら俺はあまり魅力を感じないと思うんだけど…どうでしょうか^^;
噂のモーガン夫妻 コレクターズ・エディション [DVD]
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ