21771cbd

2004年3月31日にリリースされた宇多田ヒカルのベスト・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』について独り言。宇多田といえば、自身のブログで来年からアーティスト活動を休止することを発表したことが話題になりましたよね。でももともと宇多田はそれほどリリース・ペースが早い人ではないので、次のシングルorアルバムの発売が2〜3年後だったとしても、「休止してたから」とかじゃなく「彼女らしいね」と思っちゃいそうなのは俺だけだろうか。

さてさて、本作は特大ヒットを記録したデビュー・シングル『Automatic/time will tell』から『COLORS』までの全15曲が収録されてるんだけど、俺は発売されてすぐには購入しませんでした。理由は彼女のアルバムは全部持ってるし、シングルも結構持ってるから、このアルバムを買う必要性が感じられなかったから。でも何年か経って、「全曲リマスタリングされて音質もシングル盤と比べたら格段に上がってるらしいから買おうか」と思いアマゾンでゲット。改めて言うのも変かもしれないけど、ほんと素晴らしい曲のオンパレードですね。

まず『Automatic/time will tell』から『Can You Keep A Secret?』までのR&B風味の楽曲について。当時からR&B好きだった俺は、この一連の流れで心をガッチリ鷲掴みにされ虜になっちゃったんですよ。こんな上質な曲を10代の少女が自作してる上に、え?何?『Addicted To You』と『Wait&See 〜リスク〜』がJam & Lewisプロデュースで、『タイム・リミット』はRodney Jerkinプロデュース?曲の出来も最高だし、もう我慢できない。惚れてまうやろー!…今思えば当時の俺はこんな感じでしたね(笑)名バラード『First Love』の極上さと、どこか野暮ったい印象だったのにセクシーな大人の女風に変貌を遂げた『Addicted To You』のPVもポイント高かったなぁ。

『FINAL DISTANCE』以降は、これまでのR&B風味の曲から脱却した感のあるシングルになり、第2ステージへ突入。2ndアルバムの時点でR&B臭が薄くなりかけてたので予想できてたことではあるけど、当時は「もう宇多田はR&B系の曲やらないのかな」と、ちょっと寂しかったのを覚えてます。R&Bから脱却しても俺の心が離れなかったのは、R&Bを歌ってる宇多田も好きだったけど、それ以上に彼女自身の才能に惚れてたからだと、今になって思ってみたり。別世界へワープしたような気分を味あわせてくれる『traveling』、恋の終わりを美しく切なく歌った『SAKURAドロップス』、そして耳で色を感じることが出来るメッセージ・ソング『COLORS』と、彼女のセンスが光る歌詞と、メロディ・メイカーとしても定評のある秀逸なメロディが紡ぐ名曲がぎっしり凝縮された1枚になっています。

久しぶりに聴いたけど、ほんと名曲ばかりだし文句なしですね。改めてじっくり聴きたいな〜と思い、さっき愛車のHDDに取り込みました。11月24日には本作の第2弾『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』も発売されることだし、第2弾を購入する前に復習がてら本作を聴くのもアリですね。気が早いかもしれないけど、宇多田さん復帰待ってますよ〜。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS