71FHX4n2MmL._SL1029_

Tamika Scott、Kandi Burruss、LaTocha Scott、Tameka "Tiny" Cottleの4人からなる女性R&BグループXscapeのデビュー・アルバム『Hummin' Comin' At 'Cha』について。発売は1993年になります。

SO SO DEF所属ということで、バックアップしているのはもちろんJermaine Dupri。今の若い子たちは知らなかったりするのかな?Mariah CareyやUsher作品で多くのヒット曲を手掛けた人物といったらわかりやすいかな?

今でこそ僕はXscape大好きですが、洋楽R&B/HIP HOPに目覚めたての頃はルックスだけで判断し、アルバムは買うけどグループ自体はあまり好きじゃないという、今思うとすごくガキな聴き方をしてました(恥ずかしい)。

どうでもいいことは置いといて内容をみていきましょう。まずはシングル。ニュージャックスウィングなノリの『Just Kickin' It』(ラストにはリミックスも収録)、彼女達のボーカルをじっくり堪能できる王道系ミディアム・バラード『Understanding』、そしてダンサブルな(ミュージックビデオでも踊ってましたね)『Love On My Mind』と、この3曲がシングルだったはず…です。どれもいいけど、1曲選ぶとするなら『Just Kickin' It』ですかね。曲から漂うゆったりグルーヴィ&セクシーな雰囲気が好きです。

他も、Organized Noizeプロデュースの『With You』、息の合ったコーラスで引っ張る感じがどこかEn Vogueっぽい『Is My Living In Vain』&『Tonight』など、全10曲を収録。

当たり前だけど今聴くとニュージャックスウィングな曲があったりと時代を感じる曲もあるけど、各曲の質もいいし、アップありバラードありとアルバムとしてのバランスも良く、デビュー・アルバムにもってこいの仕上がりになってるのではないかと。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ