kcijojo7869512

男性R&BグループJodeciのメンバーでもあるK-CiとJoJoの兄弟によるデュオK-Ci & JoJoが1999年に発表した2ndアルバム『It's Real』(国内盤)について。

K-CiとJoJoといえば、ひとつ前のデビュー作『Love Always』収録の『All My Life』が全米1位に輝き大ヒットしましたよね。めちゃめちゃ素敵な曲だし大ヒットしたのも納得だけど、少しだけ愚痴らせてもらうとあれはJoJoのソロ曲といってもいいくらいK-Ciの出番ないし、曲調も黒さ薄めなのが残念でもありました。

本作にも『All My Life』を踏襲した曲がありまして、8曲目『Tell Me It's Real』がそれです。シングルだったし全米2位まで上がったので知ってる人も多いですよね。二番煎じといえなくもないけど、売れた路線をなぞるのは当たり前というか、悪いことではないのでこれはこれでいいと思います。

でもシングルだった曲で個人的にプッシュしたいのは『Life』の方。R. Kellyが監修したサントラ「Life」にも収録済のナンバーということで、プロデュースはもちろんR. Kellyです。『Tell Me It's Real』とは違いこちらはK-Ciがリードをとってるんだけど、彼の甘しゃがれた歌声が好きな人は必聴。K-Ciが歌うR. Kelly曲…極上です。

他も、JoJoがリードをとる琴線に触れること確実の哀愁系熱唱ナンバー『Hello Darlin'』、彼女(妻?)の浮気に耐える心情を歌った『Fee Fie Foe Fum』、渋いんだけどリズミカルな好曲『I Wanna Get To Know You』、JoJoの熱唱がぐっとくる切ないラブソング『How Long Must I Cry』、軽めのポップな曲調が新鮮な『Girl』、Babyfaceが名を連ねた『Here He Comes Again』、そしてゴスペル調の『Momma's Song』など、上質な全15曲を収録。

ちなみに国内盤である本作は、ボーナストラックとして先述の前作収録の大ヒット曲『All My Life』が収録されています。なので前作持ってないぞという人は、買うなら国内盤がおすすめかもしれません。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ