フィメール・ラッパー。その言葉のとおり、女性ラッパーのことですね。僕がブラックミュージックに興味を持ちはじめた90年代中頃は、Lauryn Hill(Fugees)、Lil' Kim、Foxy Brown、Missy Elliottが人気を博していました。あとDa Bratもいましたね。それから数年後にEveやTrinaが頭角を現してくるんですが、その後はこれといった目立つフィメール・ラッパーは現れず、ちょっとフィメール・ラッパー不作の時期が続いたんでしたっけ。

nickiminaj75red

何年にもわたるフィメール・ラッパー暗黒期…。2010年にその闇を打ち祓ったのが、今もフィメール・ラッパー界のトップに君臨するNicki Minajでした。といってもNicki Minajの独擅場状態で、彼女を脅かすようなフィメール・ラッパーのいない時代がしばらく続きました。

Cardi-B4499

2017年にやっと存在感のあるフィメール・ラッパーが現れます。そう、Cardi Bです。あまり大きな声では言えないけど、正直僕は彼女の良さはよくわからないのですが(嫌いとは言ってない)、売れてるのは事実なのでスルーは厳禁ですよね。

で本題はここから。Cardi Bの登場を皮切りに、現在のフィメール・ラッパー界はにぎわっていて、結構おもしろいことになってるんですよね。

dojacat58690

まずはDoja Cat。彼女はラップだけでなく、歌もダンスも出来る多彩なアーティスト。彼女を手軽に知るには以下の3曲をチェックして下さい。

★Doja Cat, Tyga『Juicy』(YouTube
★Doja Cat『Say So』(YouTube
★Doja Cat『Like That feat. Gucci Mane』(YouTube

『Say So』はNicki Minajをフィーチャーしたリミックス・バージョンが存在し、それでBillboard Hot 100で1位をマークしました。上でピックアップした3曲をメドレーで披露したライブがこちら。彼女の魅力がたっぷり詰まったステージになってますよね。

megan-thee-stallion5674

お次は何かと話題のMegan Thee Stallion。本業ではBeyonceを客演に招いた『Savage (Remix)』がBillboard Hot 100で1位を獲得。あとゲスト参加したCardi B『WAP』もチャートで堂々の1位をゲットしています。

★Megan Thee Stallion『Hot Girl Summer feat. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign』(YouTube
★Megan Thee Stallion『Savage (Remix) feat. Beyonce』(YouTube
★Megan Thee Stallion『B.I.T.C.H.』(YouTube

プライベートでは、彼氏だったTory Lanezに足を撃たれるという衝撃の出来事が。銃社会…やっぱ怖いですね。

saweetie769087

3人目はSaweetie。MigosのQuavoのガールフレンドとしても有名ですよね。楽曲では『My Type』と『Tap In』がヒットを記録。先日発表された新曲『Back To The Streets feat. Jhene Aiko』もひんやり夜っぽい曲に仕上がっていておすすめですよ。

★Saweetie『My Type』(YouTube
★Saweetie『Tap In』(YouTube
★Saweetie『Back To The Streets feat. Jhene Aiko』(YouTube

citygirls98705

ラストはYung MiamiとJTの2人からなるHIP HOPデュオCity Girls。Cardi Bをフィーチャーした『Twerk』と『Act Up』がヒット済みですね。個人的一押しはアジアンな雰囲気漂うトラックが印象的な『Season feat. Lil Baby』。

★City Girls『Pu**y Talk feat. Doja Cat』(YouTube
★City Girls『Twerk feat. Cardi B』(YouTube
★City Girls『Season feat. Lil Baby』(YouTube

ということで、今をときめく4組のフィメール・ラッパーをピックアップしてみました。彼女たちがこれからの音楽シーンを盛り上げていってくれると思うので、知らなかったという人はこの機会にぜひチェックしてみて下さいね。
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ