619413508440

Darnell、Garfield Bright、Carl Martin、Marc Gayの4人からなる男性R&BグループShaiが1995年に発表した2ndアルバム『Blackface』(日本盤)について。Shaiといえば大ヒットしたアカペラ・ナンバー『If I Ever Fall In Love』の印象が強い人が多いのかなと思うけど、僕もそのひとりです。

「『If I Ever Fall In Love』のグループの2ndか。一応買っとくか」的な軽い動機で本作を購入。内容を見ていくと、前半は意図的にバラード・ゾーンにしてるみたい…だけど、これが少々しんどい。

彼らのシルキーな歌声が堪能できる美しいスロウ・バラードで先行シングルだった『Come With Me』、アカペラで幕が開くクワイエット・ストーム系バラード『During The Storm』、2ndシングルに抜擢されたのも納得の上質で美しいバラード『I Don't Wanna Be Alone』、静かに…でも熱く歌い上げるラブ・バラード『Falling』など、どれも1曲ずつ聴くと悪くないんだけど、再生早々立て続けに聴かされてると軽く睡魔が…。

後半はアップ曲ゾーン(といっても激しい曲は皆無で、ちょいアップ寄りかな?レベル)になっていて、ファンク調の『Did You Know』、ビートの立ったユル心地いいミディアム・アップ『To Get To Know You』、グルーヴィで本作一キャッチーな「なんとかなるさ」ソング『"95"』、そして映画「Beverly Hills Cop III」のサントラにも収録されていた『The Place Where You Belong』など、品のいいミディアム・アップが配置されています。

歌えて、自分たちで曲作りも出来ちゃうShai。本作は彼らならではの美しいコーラス/ハーモニーが終始味わえる1枚…ではあるけど、言い方を変えるとやはり全体を通して退屈感が否めない。全15曲もあるんだからダレ防止のためにバランスのいい配置にするとか、もう一工夫欲しかったですね。単曲で聴くといい曲が少なくないだけに残念です。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS