9650679804

Tanya、Pam、Debbie、Staceyの女性4人組Vybeの1stアルバム『Vybe』について。発売は1995年になります。1stアルバムといってもこのアルバムだけを残して消えちゃったので、2nd以降は出てません。

当時なぜ僕が本作を買おうと思ったのか。それは『My Love Is the Shhh!』のヒットで知られる3人組Somethin' For The Peopleが5曲手掛けていたから。先行シングルだった『Take It To The Front』も彼らによるもので、Gファンク調のウェッサイの香り漂うノリが◎で、自然と体が揺れる1曲になってました。

他のSomethin' For The People曲も紹介すると、T-Boz系のリードの低音ボイスが活きたミッド『All My Love』、夜系スロウ『Slow And Easy』、男性シンガーMeachieとデュエットしたゴスペル調のバラード『If I Cry』、そして明るく跳ねる感じの『Love Is All We Need』と、地味にバラエティに富んだラインナップになっております。

あと個人的に注目ポイントだったのは、The UnderdogsのDamon Thomasが3曲をプロデュースしてるところ。十八番である安定感のあるミッド『I Can't Fight Anymore』、Stevie Wonderのカバー『Knocks Me Off My Feet』、しっとりアダルトに聴かせるスロウ『Tell Me』と、まだThe Underdogs結成前?ではあるけれど期待通りの仕事ぶりですね。

ということで上記の曲を含む全14曲。ド派手な曲や心にクリティカル・ヒットするようなキラーチューンは見当たらないけど、全体を通して安定感はありますね。"地味"と言えなくもないけど、平均点越えはしてると思います。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS