969655288112

Baby、KJ、K-Born、Xの4人から成る男性R&BグループSoultryが1995年に発表したデビュー・アルバム『Soultry』について。レコード会社はMotownになります。このジャケット…正統派で"歌える"雰囲気を醸し出してますよね。レーベルもMotownだし4人組だしBoyz II Menを連想しちゃいますよね。

それ間違ってないです。彼ら歌えます。しかも制作陣も豪華で、Mint ConditionのStokleyとKeri "KL" Lewis、そしてJeffrey Allen、Mary J. BligeやJennifer Lopez作品などを手掛けるCory Rooney、Quincy Jonesの息子QDIIIらが手腕を発揮しています。

なかでもMint Conditionの面々がプロデュースした曲が一際輝いてる印象で、ミディアム調のビートに抜群のコーラスが乗る極上ナンバー『Where Do Broken Hearts Belong』、聴いた瞬間からMint Conditionの香り漂うスロウ『I Knew All Along』、どこか哀愁というか切なさを感じる『Can I Get To Know You』…んー、どれも上質でいいですね。『Where Do Broken Hearts Belong』とか後半のサックスの音色も◎だし、「さすがR&BバンドMint Conditionだな」と唸っちゃいますね。

Cory Rooneyも負けてませんよ。リードの熱唱と美しいコーラスが絡まる夜系ミッド『What I Want』、タイトルどおりセクシーな好曲『Sex In The Rain』、歌えるグループにしか許されないシンプルに歌で勝負した感じの『Temperature's Climbing』と、Mint Condition曲に引けを取らない歌心溢れる楽曲を手掛けてます。

QDIIIはHIP HOP寄りの曲を提供していて、『I'll Get Mine』、Wu-Tang Clan"C.R.E.A.M."をサンプリングした『Cash Money』、そしてIsaac Hayes"Hung Up On My Baby"使いの『Relax Your Mind』と、どれもアルバムのアクセントになっていて存在感を放っています。

以上のような全11曲。歌の実力も楽曲の質も申し分ない秀作なのに、なぜ本作1枚だけを残して消えてしまったのか。90年代はグループが豊作だったから埋もれちゃったかな。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS