DonellJonesMyHeartAlbumCover

『U Know What's Up』や『Where I Wanna Be』などのヒットで知られるシンガー・ソングライターDonell Jonesが1996年に発表したデビュー・アルバム『My Heart』について。レーベルはL.A. ReidとBabyfaceのLa Faceからになります。

Donellというと2ndアルバム『Where I Wanna Be』や3rdアルバム『Life Goes On』の印象が強く、1stに当たる本作はちょっと存在感が薄いかもしれないけど、内容の方はメロウな曲多めの充実した内容になってますよ。

まずは本作からの1stシングルだった『In The Hood』。本作に収録されているのはPlayas VersionとRemixの2曲で、オリジナル・バージョンは未収録となってます。多分シングルでしか聴けないのかな?僕はZapp"Computer Love"をサンプリングしたRemixが大好きで、発売から26年経過した今でも好きで現在進行形で聴いてます。

次にカットされたのは『Knocks Me Off My Feet』だったかな。これはStevie Wonderのカヴァーですね。原曲もいいけど、Donellのちょい癒し度高めのゆったりとしたカヴァーもおすすめです。

アルバム曲も粒揃いで、上質なスロウ『No Interruptions』、どっしりとしたビートが立ったミッド『Waiting On You』、『All About You』、UntouchablesのEdward "Eddie F." FerrellプロデュースでJunior M.A.F.I.A."Player's Anthem"ネタの『You Should Know』、どこか切なさを感じるタイトル・ナンバー『My Heart』など、リラックス効果高めの全15曲を収録。

夜聴くのにピッタリの1枚ですね。テンション上げたい時には合わないだろうけど、落ち着いた曲を聴きたい時にはドンピシャだと思います。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ