R2yuo33

Eboni Foster、Onnie Ponder、Teece Wallaceの3人からなるガールズグループNuttin' Nyceが1995年に発表したデビュー・アルバム『Down 4 Whateva...』について。レコード会社はAaliyahやR. KellyもいたJIVEになります。

先日レビューを書いたPure Soulが正統派のEn VogueやBrownstone系だとすると、Nuttin' Nyceはストリート寄りというかHIP HOPテイストが感じられるのでTLC系といったところでしょうか。このアルバム・ジャケットからしてそういう香りしちゃってますよね。

僕の中で本作というと2曲がパッと思い浮かぶんだけど、それが『Down 4 Whateva』と『Froggy Style』です。前者はSoul II Soul"Back To Life"のフックを使ったR&Bファンなら心を鷲掴みにされること絶対のキャッチー曲。

後者はYarbrough & Peoples"Don't Stop The Music"の有名フレーズ使いにGeorge Clinton"Atomic Dog"を使ったトラックと、サンプリング好きにはたまらないナンバーになってます。ちなみに"Don't Stop The Music"の有名フレーズは、ヒット曲Eve『Gangsta Lovin' feat. Alicia Keys』でAliciaが歌ってるあの部分です。

あと男性R&BグループHi-Fiveとデュエットした『What Can I Say To You (To Justify My Love)』も注目かな。僕はHi-FiveのリードTony Thompsonの歌声が好きなので、この曲は結構リピート率高かったです。

他の楽曲も簡単に紹介すると、ニュージャックスウィングなノリが味わえる『U Ain't Gotta Lie To Kick It』&『Nasty Girl』、しっとりセクシーな雰囲気に包まれるスロウ『En Tu Deep (Sticky Situation)』&『Show Me』、Blackstreetのようなトークボックスが効いたミッド『Don't Make Me Wanna Do U』、この「90年代R&B!」って感じのグルーヴィーさがたまらないミッド『Gotta Get Mine』、そして彼女たちのセクシーでビッチなコーラスが腰というか下半身にズンズンくるムーディー曲『Proof Is In The Pudding』など、好曲多数の全18曲。

インタールードを効果的に配していたり、曲のバランスもいいので、最後まで飽きずに聴ける1枚になってますね。そして何気に完成度高い。上の方でTLCを例えに出したけど、歌の実力に関しては正直TLCより歌えます。この1枚で消えちゃったけどw

DOWN 4 WHATEVA
ナッティン・ナイス
(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
1995-06-27

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ